• 11月 27, 2022 8:22 am

さいたま市から

声楽,合唱,器楽,魅力の再発見を楽しもう

声を支える技術、音量のコントロール デクレッシェンドの連続♬

By町の音楽屋さん

10月 8, 2022

今週 町の音楽屋さんチャンネルの動画は

こういう譜例の時の強弱の処理についてです

< < < 

つまり、楽典の内容の実践における処理です

動画にして思いましたが、

この楽譜の様な場合に、3拍目だけデクレッシェンドがあるような楽譜を

再現できるか出来ないかで発声技術的に支えがあるか、無いかの差として一発でわかります

支えがないと、この処理の方法を頭でわかっていたとしても

どうしても拍頭からつながるデクレッシェンドでしか歌えません

・2小節をレガートに歌う

・2小節目の1拍目2拍目の音量の処理

・3拍目だけのデクレッシェンドの再現

これらを、同時にできる様にするためには、

声を出すための”支え”必要です

Follow me!

町の音楽屋さん

愛知県立芸術大学、武蔵野音楽大学、二期会会員、国内及びフィレンツェ、ウイーン、シュトゥッツガルトなどで声楽演奏、合唱演奏・指導の経験を積む

PAGE TOP