インターネット聡明期の2003年、SNSが一般的でない時代に、音楽家のコミュニケーションSNSとして活動を開始しました。

サイトを楽しんでいた音楽学生たちは、各自の道を歩みプロとして活動する者、教師として活動する者など様々な道を歩んでいます。2011年日本史に残る災害が起き、
被災地支援の音楽活動を実施したのがきっかけとなり、様々な音楽活動を始めたのが現在の活動まで続く活動となりました。

町の音楽屋さんでは、未経験の市民が音楽活動を楽しめ、親しむための講座の実施や受託、また、国内外の音楽家の活動に協力し、紹介しています。
現在は、様々な地域で100人以上の市民参加者と合唱活動、複数の専攻楽器の演奏者とYOUTUBEチャンネルを楽しんだり、可能性にチャレンジしつつ、
クラシック音楽の魅力を共有するには?という途方もないミッションに挑み続けています